FC2ブログ

痔の薬の種類と使い分け方 - 妊娠したら、痔になりました・・・

痔の薬の種類と使い分け方

痔の薬には、


軟膏、注入軟膏、坐剤、飲み薬



と、さまざまな種類があります。


それぞれに効果を知り、
症状にあったものを使用していきましよう!


今回は、それぞれの効果について書いていきたいと思います。



・軟膏

肛門の外側に痔に使用します。
痛み、かゆみ止め、止血効果などとともに
排便時の潤滑油としての役割もあります。

痛みが強くて、坐剤や注入軟膏を使えないとき
使用することもあります。


痔の軟膏の詳細はこちらで確認してみてくださいね!
★痔の軟膏について感想が多いもの★



・注入軟膏

形は浣腸に似てると思います・・・
チューブの先を肛門に差し込んで、中の薬を注入します。
こちらも痛み、かゆみ止め、止血効果などとともに
排便時の潤滑油としての役割もあります。

患部に直接触らないので衛生的なこと、
直接痔に薬が届く、という点があります。

また、チューブから出して、肛門の外側に塗布することもできます。


痔の注入軟膏の詳細はこちらで確認してみてくださいね!
★痔の注入軟膏について感想が多いもの★


・坐剤


座薬、ともいいますね!
固形でロケットみたいな形をしています。
肛門の中に入れるものです。

痛み止めやかゆみ止め、止血効果があり、
肛門内で溶けて患部に直接働きかけます。

肛門内を排便時の刺激から守る作用もあります。


痔の坐剤の詳細ははこちらで確認してみてくださいね!
★痔の坐剤について感想が多いもの★


・飲み薬


消炎、鎮痛、血行促進など、いろいろな効果が
うたわれていますが、
もっとも期待できる効果は、便秘を改善したり、
便をやわらかくしたりする、というものです。


痔の飲み薬の詳細はこちらで確認してみてくださいね!
★痔の飲み薬について感想が多いもの★




管理人もいろいろ使ってみましたが、(飲み薬以外)

注入軟膏>坐剤>軟膏


の順で効果があったように思います!


あなたの症状に合わせて使い分けてみてくださいね!


♪管理人の体験記もよかったら読んでみてくださいね!♪
  • ボラギノール
  • プリザ
  • カスピ海ヨーグルト
  • オリゴ糖
  • 勝野式骨盤キュッとクッション

  • ♪記事がお役にたてば、イボコのブログの応援よろしくお願いします!!♪
    にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

    スポンサードリンク

    コメント
    非公開コメント

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © 妊娠したら、痔になりました・・・ All Rights Reserved.