FC2ブログ

ジオン注の話 その1 ジオン注とは? - 妊娠したら、痔になりました・・・

ジオン注の話 その1 ジオン注とは?

ジオン注1

こんばんは。


2か月ほど前、肛門科に行ってきた管理人ですが
その時の記事はこちらたち

先生から
「あとこの先何十年と痔を持ったままで行くよりは
ジオン注で治療することをお勧めしますよ」 と言われました。


ジオン注、ジオン注とよく耳にするけれど、
いったい何ぞや?というわけで、何回かに分けて紐解いてみたいと思います。




今回はジオン注の基礎知識編です~~!



【ジオンはどうやってできたの?】


ジオン注のルーツは、中国の史兆岐という人が開発した消痔霊というものです。


中国では1979年に認可されてましたが、日本では認可されていない溶剤が含まれていたため、
日本のレオキシファーマ社が15年もの歳月をかけて開発したものが「ジオン」とのこと。




【ジオンってどんなお薬なの?】

ジオンの成分は

・硫酸アルミニウムカリウム水和物
・タンニン酸


それぞれの作用は

硫酸アルミニウムカリウム水和物・・・出血やいぼの脱出状況を改善する
タンニン酸・・・硫酸アルミニウムカリウム水和物の働きを調節する



【なんでいぼ痔がよくなるの?】

ジオン注の有効成分である、硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸を注入すると、

①いぼ痔に流れ込む血液の量を減らして、出血を止めます。

②いぼ痔が次第硬くなり、粘膜に固定、癒着して脱出しなくなります。




次回はジオン注療法の流れについて紹介したいと思います!!





♪管理人の体験記もよかったら読んでみてくださいね!♪
  • ボラギノール
  • プリザ
  • カスピ海ヨーグルト
  • オリゴ糖
  • 勝野式骨盤キュッとクッション

  • ♪記事がお役にたてば、イボコのブログの応援よろしくお願いします!!♪
    にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

    スポンサードリンク

    コメント
    非公開コメント

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © 妊娠したら、痔になりました・・・ All Rights Reserved.