FC2ブログ

出産と脱肛について その3 脱肛を戻すには - 妊娠したら、痔になりました・・・

出産と脱肛について その3 脱肛を戻すには

脱肛 戻し方
管理人の経験も踏まえて説明します。

いぼ痔を戻すときは、腫れた部分を押さえてしまってしまえば終わりでしたが、
脱肛はそうもいきません。

脱肛した部分を外に出したままにしておくと、いくら薬を塗ったとしても、
よくならないので、きちんと中にしまうようにしましょう。



まずは、ワセリンか軟膏(管理人は入院中処方してもらった軟膏を使いました)を
指にたっぷりつけます。
(抵抗がある人はぴったりフィットの薄手ゴム手袋してもいいと思いますが、
そうも言ってられないのが現状。)

次に一か所を押さえて肛門の中に押し戻します。


それを押さえたまま(ここ難しいです。)その隣を押し戻します。
一回一回離してしまうと、すぐにでてきてしまいますので注意です。


必要であれば両手使った方がいいかもしれません。


そうやって順番に隣、隣・・・と繰り返し押し込んでいくと、
完全に中にしまうことができます。


態勢は、管理人は立ったままでしたが、
仰向けになって腰に枕など入れて高くしたり、
膝をついた状態でやってみてもいいかもしれません。


ただ、脱肛してすぐは、苦労して中にしまってもすぐに出てきてしまいます。

管理人はトイレに行くたびにしまうようにしていました。



まめにしまうようにしていると、そのうちに中に入っている時間が長くなり、
排便のときに少し出る・・・という程度にまで回復しました。


中には、痛みはないけれど少し出たまんま・・・という方もいるようで、
回復の仕方はそれぞれ違いがあるようです。



次の記事へ【次】出産後の脱肛を戻さないと、
       どうなってしまうの?




♪管理人の体験記もよかったら読んでみてくださいね!♪
  • ボラギノール
  • プリザ
  • カスピ海ヨーグルト
  • オリゴ糖
  • 勝野式骨盤キュッとクッション

  • ♪記事がお役にたてば、イボコのブログの応援よろしくお願いします!!♪
    にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

    スポンサードリンク

    コメント
    非公開コメント

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © 妊娠したら、痔になりました・・・ All Rights Reserved.